ストレートに支払うという事ではなく商品券

間接的カードの進め方は簡明です。登録販売者

カードを使って直で買えない販売品をストレートに支払うという事ではなく商品券を経由して取り寄せしていけばより得策です。わきが対策

説明が容易なためはじめにギフトカードの事例を見ながら述べてみたいと思っています。運動不足

モデルとなる男性がブランドバックを手に入れたいと考えているとします。

その一流のコートを扱っているショップだとクレジットカードで支払う事が無理です。

でもVISA、American Express、NICOSなどのギフトカードでなら取引する事を受け入れてくれるのです。

なので若者はクレジットカードで金券を注文してしまって商品券を売っている店舗に訪ねクレジットカードを用いてNICOSなどのギフト券を購入しました。

そのあと使ったクレジットを用いて注文したNICOSなどの商品券をお店に携帯していき欲しかった価値のあるバックを買い付けたとします。

「一体なぜ金券でそれを購入した人は例のような面倒くさい事をしているのでしょう?」と思われる事もあるかもしれませんが、その実上記で述べた手段を使用するなら通常だと得られることのないクレジットカードポイントが得られます。

キャッシュを払う事でブランドバックを買い取りしたりした場合でもカードポイントはゲットできませんし、JCB、MasterCard、Diners clubなどののギフト券をキャッシュで注文して使ってもポイントはつきません。

一方解説した事の時はNICOSなどの金券をクレジットで買い取りしたので、ブランドカバンを注文した分と同じような量だけクレジットポイントが手に入れられるのです。

こういう事例が遠まわしにローンを利用した事であるという理由により間接クレジットカードと銘打たれている手法です。

Link

Copyright © 1996 www.icmaedu.com All Rights Reserved.