そうであるならば

実際にパソコンの前に座って、休むことなく上がったり下がったりしている相場を見てしまうとどことなく注文をしなくてはいられないという欲求が沸き起こる状況も多いと思います。肝斑 原因

でも、なんとなく感覚で売買することは決してしてはいけません。ゼロファクター 解約

分かっていると思いますが、為替相場は終日、常にいずれかの国でマーケットがやっているし、相場も常時変化しています。外壁塗装 シリコン樹脂 塗装

とは言っても、頻繁に売買を積み重ねると、その分だけ損失が生じる危険性が上がります。iphone6s 予約 ソフトバンク

当然の事ながら、取引の回数を増やすことによって、次第に儲けられる可能性が半々になっていくのは事実です。ピューレパール

しかし「明確でないアイデアでトレード」することとは別問題です。わきが オロナイン

トレード回数を増やすというのは、自ら「ここがチャンス」と考え付いた感覚を持ったうえでの取引回数を積むという意味です。ときめきのいろどり

格段の理由がなく、ひっきりなしに取引を積み重ねるのとは明らかに違う。メルヴィータアルガンオイル 口コミ

外国為替市場の駆け引きに勝つためには自分が深く考えてメリハリをつけることが重要です。アトピスマイル 口コミ

「ここは!」と思えたマーケットの時には、迷わずポジションを多くして集中して利益を追求します。北国の恵み 効果

「だいぶ分かりにくい相場で、どうなるかわからないな」と思い至った時は、潔く諦めて所持ポジションをひとつも残さないで閉じて黙っています。

それぐらいのメリハリをつける方が、結果的には取引は勝利します。

市場の金言には「休むも相場」というものがある。

本当に言葉どおりだと感じます。

為替とは、売買ポジションを持つことが全部ではなく売買ポジションを所有せず待っている事も場面によっては、必要です。

そうであるならば、いつ、休めばよいのだろうか。

最初に考えられるのが、前に述べたように、これから先の相場展開が今ひとつ理解できない時です。

そこからどちらにいくのか決める事が出来ない時は間違って判断すると、自身で思い描いたシナリオとは反対の方向にマーケットが動いてしまい損をする事になります。

そのため、そんな状況ではポジションを減らして何もせずに様子をみるのが良い方法です。

2番目に、自身のコンディションがあまりよくない時です。

体調と外国為替市場に関係性はないと感じる投資家もいると思いますが案外関係あります。

コンディションがあまりよくなければ為替相場の重要な状況で正確な決断を下すことができなくなります。

気分が乗らない時は、マーケットから遠ざかる事も大事な事です。

Copyright © 1996 www.icmaedu.com All Rights Reserved.