2.50円の幅で円安ドル高に推移すれば損

一般的な初心者用の外国為替証拠金取引の書籍では「マイナスになった場面ではナンピン買いを入れることによって全体の価格を下げることができる」等と説明されていますが、正直それには相当大きな罠があると思います。脱毛 渋谷

まずはじめに、ナンピンの仕組みについて記述しておきます。iphone 在庫

仮定として1ドル=100円でドルを買ったとします。レバリズムl 最安値

$買いということで、円安ドル高に進むほど儲けが大きくなりますが1ドルが95円まで円高が進んでしまったとします。

このままの状態で維持し続けたとしたらプラスになるためには、損失分ドル高に向わなければなりません。

誰もが、損はなるべく早く回復したいと願うだろう。

この状況を打破するためはじめにエントリーしたのと同じ額のドルを1ドルを95円で買います。

それによって、ポジション全体の平均の買い付け価格は97円50銭まで引き下げることができます。

結果として、2.50円の幅で円安ドル高に推移すれば損を失くすことが出来ます。

これが、ナンピン買いの理屈です。

このような、ナンピンの原理を理解すると、「まちがいない」という風に思うが、外国為替市場は容易には思い通りにはいきません。

もとより、95円が底だということなど、誰も分かるはずがありません。

為替が相当の円高の流れだとすると、1ドル=95円ではとまらずよりドル安が進む確率は高くなります。

一例として、97円50銭でナンピン買いをした時に、1ドル=95円まで円高ドル安になったとしたらナンピン買いした分にも、差損が生まれてしまいます。

それでは、初めに注文したドルと同時に更なる為替差損が生まれます。

それほど、ナンピンは一筋縄でいきません。

それなら、為替相場が台本とは反対の方向にさっと進んだ場合どういう手法で危機を軽減すればいいのだろうか。

そこで取るべき術は2つしかありません。

ひとつめは執着しないで、損切りをする事です。

別の方法としてはその時に、自分自身が保持している買いポジションを減らす事で再び為替が戻るのを何もしないで待機する事です。

主体性のない手法だと思う方もいるだろう。

だけど、自分が所有しているポジションに損が出た場合、一番正しい対策はこれ以上のものは考えられません。

当然、理論上は、ナンピン買いをするという術もあると思います。

だけどナンピン買いは自分か損失を出している場面にもかかわらず、ポジションを小さくするどころか、反対に買いポジションを積んでいく方法です。

この考え方では、危険を避けることなどどう考えてもできないと思ったほうがいいです。

ナンピン買いをしていけばいつの日にか損失が回復するかもしれません。

けれども、その前にお金がマイナスになってしまいます。

Link

Copyright © 1996 www.icmaedu.com All Rights Reserved.