あなた自身が破産手続き

破産をする人で持っている返済義務に関し保証人が存在する場合はきちんと連絡をしておいたほうがいいでしょう。全身脱毛 池袋

もう一度、強調させていただきますが、負債に保証人が存在するときは自己破産手続き前にきちんと考えなければいけません。アルバニア ホワイトニングクリーム

なぜなら、あなた自身が破産手続きを取ってOKが出ると、その人たちがそれらの債務をまとめて果たすことになってしまうからです。コンブチャクレンズ

ですので、破産宣告前に保証人に至った詳細とか現在の状況について報告しお詫びの一つもなければならないでしょう。リプロスキン

そういうことは保証してくれる人からすると当然必要なことです。

債務者のあなたが破産の手続きをするために、多額の負債が発生することになるのですから。

そうなると、以後の保証人である人の選べる道は4つあります。

まず1つめですが、保証人自身が「全部返金する」ことです。

保証人となる人がそれら多くの借金を簡単に返済できるぐらいのお金を用意しているならばそうすることができるでしょう。

ただその場合はそのまま破産宣告せずにその保証人に立て替えをお願いしてこれからはあなたの保証人に定期的に返済をしていくということもできるのではないかと思います。

また保証人が良い関係にある場合は、少しは返金期間を考慮してもらうことも可能かもしれません。

合わせて完済不可能でもローン業者も話し合いで分割払いに応じることもあります。

保証人に破産申告を行われるとすべて返済されないことになりかねないからです。

保証人がもしあなたのお金を全額払う財力がない場合は、借金しているあなたと同様に何らかの方法による債務整理をすることを選ばなければなりません。

2つめは「任意整理をする」ことです。

この方法を取る場合債権者と話す方法で、3〜5年の期日で弁済する感じになります。

依頼するときのかかる費用は債権1件につき4万円ほど。

7社から借り入れがあれば28万円必要になります。

相手方との示談は自分でチャレンジすることも不可能ではないですが債務処理に関する知識のない素人だと向こう側が確実に有利な案を押してくるので気を付けた方がいいでしょう。

それと、任意整理してもらうということはその保証人にお金を払ってもらうわけですから、時間がかかるとしてもその人に返済していく義務があるでしょう。

3つめですが保証人となっている人も破産した人と同様「破産申告する」場合です。

保証人となっている人も借金した人と同じように破産宣告すれば保証人である人の返済義務も帳消しになります。

ただその場合は、もし保証人が株式などを所有している場合は該当する資産を没収されてしまいますし法令で資格制限のある業界にいるならば影響が出てしまいます。

個人再生を利用できます。

一番最後に4つめの選択肢ですが「個人再生という制度を利用する」ことです。

マンション等を手元に残しつつ整理をしていく場合や、破産宣告では資格制限にかかるお仕事に従事している方にふさわしいのが個人再生です。

個人再生なら自分の住宅は処分が求められませんし、破産宣告の場合のような職種にかかる制限資格に影響を与える制限がかかりません。

Link

Copyright © 1996 www.icmaedu.com All Rights Reserved.