www.icmaedu.com

愛車の売却額査定のポイントとして重要視されるひとつに走行距離などがあげれられます。少なからず走行距離というのはその車の寿命と見られるケースもありますので、その車の走行距離が長い分だけ、見積もりにはマイナス面となります。通常は走行距離だけで見れば短ければ短いだけ愛車の見積額は高値になりますが、あまり突っ込んだ目安はないため、決められた線を引いて査定額が算出されます。このことは実際、中古車を自動車買い取り専門店に下取りする際も重視される売却額査定の小さくないポイントです。例えば普通車ですと年間走行距離1万キロが基準としてこれ以上だと一般的にマイナス査定になるのです。軽自動車の場合年間標準走行距離が8000キロがまた年数の割には走行距離がかなり小さいという場合でも査定額が高値になるとも一概には言えません。実際やってみると良く感じられると思いますが自動車はある程度走らせることで車両の状態を維持できるものなので、距離を走っていない車だと、破損しやすいとみなされることもあります。車を売る際も同じことです。通常は年式・走行距離についての査定の留意点は、年式と比べて適正な走行距離かどうかということです。車の経過年数も自動車査定の重要なポイントになります。しっかりと理解しているという人も多数と思っていますが、年式は新しいほど査定では優位なのですが稀にですがそれに希少価値がある車種は昔の年式の場合でも高く見積してもらえることもあるのです。同一種類で同じ年式でもその年にマイナーチェンジやモデルチェンジがされている場合はもちろん、それぞれの場合次第で査定は変わります。同車種の自動車の見積もりというケースでもコンディションにより売却時の金額は大きく異なってくるのです。

Link

Copyright © 1996 www.icmaedu.com All Rights Reserved.