www.icmaedu.com

車での事故が起こった状況で自分自身が交通事故の被害者であったとしても向こう側が間違いを全く認めない場面は多数みられます。意思と関係して起こしたかったのではなく注意不足で激突された場面などに、こういった口論に発展する危険性がありがちです。とは言ってもその場所で自動車のみの損害処理され、後で異常が出た時に、通った病院の証拠となる診断書警察署に出すのでは対処が遅くなる感は否定できません。それでは自動車の事故の過失割合の取り決めにはどのような基準が存在するのでしょうか。正しく申し上げますと警察が結論付けるのは、主に交通事故の大きな過失が認識されるのはどちらの車かという事であり割合ということではないのです。もっと言えば、最終的に明確にされた事故の過失があった人が明確にされる事は事態は有り得ないです。それだから、どちらに何割過失があるのかは当事者の交渉によって決定されこの結果が損害賠償の算定のベースと判断されます。この場合、共に任意の保険に加入していなかった場面では両方が真正面から調整します。しかしながら、当然こういった方法では、感情的な問答になる場合が高いです。まして、お互いの主張に差があればまかり間違うと、裁判での争いに入りますが、これでは貴重な時間と裁判費用甚大な損害となってしまいます。このため概ねお互いの人に付く自動車保険会社、そのようにお互いの自動車の保険会社に任せる手立てを活用して、妥当な過失の割合を冷静に決定させるのです。この時保険会社は以前の自動車での事故の裁判によって導きだされた判断から導き出された判断基準、判例タイムズなどを元に想定とやり取りをして過失割合を導き出します。と言いつつも交通事故のケースでは、巻き込まれてしまったのか起こしてしまったのかに関わらず最初に110番に連絡するのが大切です。その後、自動車保険の会社に連絡してこれから先の調整を任せるのが順序になります。正しい手続きさえ把握しておけば無益な協議となる場合を回避できるに違いないのです。

Link

Copyright © 1996 www.icmaedu.com All Rights Reserved.