www.icmaedu.com

車の(全損)とは名称通り車の全機能が壊れてしまう場合、すなわち走ることが出来ないように移動手段の車として役を果たせなくなった状態で用いられますが乗用車の保険での【全損】は多少違ったニュアンスがあります。保険においては車が破壊された時には《全損と分損》などと2つの結果に分類され《分損》は修復のお金が保険内でおさまる場合を指し、それとは逆に『全損』とは修理のお金が保険金を超えてしまう場面を示します。通常では、修理で全損と判断されるとエンジンに致命的な打撃が存在したり車のフレームがねじれてしまって修理が不可能な時、リサイクルか廃車と判断されるのが普通です。車の事故が発生して販売会社や保険屋さんが必要な修理のお金を予測した時にどんなに表面的にちゃんとしていて修理ができる場合でも修復の費用が補償よりも大きくてはそもそもなんで乗用車の保険入っているのか分からなくなってしまいます。そういった状況では全損と決めて乗用車の権利を自動車保険会社へと引き渡して補償額を受けとることになっています。当然長い年月乗った自家用車で思い入れがあり自腹で修理して使用したいという人間はかなり存在するので場面によっては自動車の保険屋さんと相談するといいかもしれません。また、自動車任意保険によってはこういったケースを考えて特約などの《全損》の際に特約ついている場合が多々あり万が一自分の車が【全損】なったケースでも車を買い換える代金を一部分でも補償してくれるサービスもあったりします。尚盗まれた場合の補償の特約をつけてると盗まれた乗用車が発見されない時でも全損の扱いとなり、保険金が払われるシステムになります。

Link

Copyright © 1996 www.icmaedu.com All Rights Reserved.